スロット シャイニングライト

EV中古蓄電池の再利用

CO2排出量削減等を目的とした脱炭素化を実現するためには、蓄電池の存在が必要不可欠です。しかし、導入する蓄電池の製造及び廃棄の際にCO2を排出してしまうという矛盾が生じてしまいます。
また、今後EVが急速に拡大すると予想されています。EVとして利用できなくなったリチウムイオン蓄電池の大量廃棄は、現在世界的に大きな問題となっており、いずれ日本でも問題になると考えられています。
そこで、これら二つの問題を解決するために、EV電池を定置用に再利用するアイデアが広がっています。

EV中古蓄電池の再利用

再利用蓄電池を用いることで、製造から廃棄に関わるCO2排出を抑え、EV電池の廃棄問題を解決することができます。しかし、蓄電池は劣化するとともに安全面のリスクもあり、新品と比較して再利用蓄電池はさらに不安が大きいのは事実です。
そこでYOKOGAWAは再利用蓄電池の構築時と運用中に診断をすることで、EV中古蓄電池の再利用ビジネスを検討されている企業様をサポートいたします。 YOKOGAWAの蓄電池診断は、安心した蓄電池の利用をサポートし、放電量を最大化します。
蓄電池診断につきましては以下のページをご覧ください。

リチウムイオン蓄電池診断ソリューション

リチウムイオン蓄電池診断ソリューション

 

EV中古蓄電池再利用ビジネス

 

以下の図は画面向かって左から右へ、EVに用いられていた蓄電池が再構築され、定置用蓄電池として再利用される流れを示しています。

EV中古蓄電池再利用ビジネス

BMS: Battery management System

YOKOGAWAは、蓄電池を診断し再利用することで蓄電池に関わる環境負荷を低減し、様々なお客様のSDGsにも通じる社会課題の解決へ貢献します。 そしてお客様とともに持続可能な社会の実現を目指します。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください

お問い合わせ

トップ