スロット シャイニングライト

フォーミュラ(構成表)での連産品/副産物管理や歩留管理、在庫管理での荷姿・不定貫対応、品質管理での検査指図/実績管理、原価管理など、プロセス製造業が抱える特有の要件に標準機能で対応します。

アワードロゴ

詳細

YOKOGAWAの製造業での優位性

YOKOGAWAが製造の現場で培った経験とノウハウを結集した「製造業向け基幹業務ソリューション」は、化学、医薬、消費財、食品、鉄鋼・非鉄金属、紙パルプなどの業種にフィットする機能を標準で提供することで短期でスムーズな導入を実現します。
製造現場のデータをERPに連携、原価計算・収益管理で会計情報に変換し、サプライチェーンにおける収益構造を可視化し経営指標として活用することを実現します。

課題

  • リアルタイム経営に向けた、製造現場データとERPの連携が困難
  • 精度の高い原価管理ができず、サプライチェーンの収益構造が不透明
  • ERPの原価・収益管理情報を製造現場へフィードバックが困難

解決策

  • 製造現場データを適切な精度・タイミングでERPに連携
  • サプライチェーンの収益構造を可視化する原価計算・管理会計データを生成

価値

  • 製造現場データのERP連携によるタイムリな経営判断を支援
  • サプライチェーンの収益構造を分析し、原価低減と収益を改善
  • 製造工程別原価を把握・分析することで、生産性向上に利用

 

Dynamics 365 4つの特徴

1. ノウハウを詰め込んだグローバル対応のERP

  • 蓄積されたマイクロソフトのビジネスノウハウによるベストプラクティス
  • グローバル対応のための各国の法規制対応、多言語対応、多通貨対応

2. エバーグリーンアプリケーション

  • マイクロソフトが実施する継続的なアップデート
  • 1000を超える拡張ポイントを利用したプログラム開発

3. Azureのフル活用

  • 常に最新のテクノロジーをベースとしたサービスの提供
  • 必要なサービスを迅速に簡単に利用開始が可能

4. ユーザインターフェースとOffice連携

  • Microsoft Excelをはじめとした、使い慣れたビジネスアプリケーションとの親和性

Microsoft Dynamics 365

Microsoft Dynamics 365 ERP製品情報

*Microsoft、Dynamics 365は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

 

プロセス製造業の企業が抱える特有の要件に標準機能で対応

Microsoft「プロセス製造業向けソリューション」と「YOKOGAWA日本的商習慣対応機能」により、フォーミュラ(構成表)での連産品/副産物管理や歩留管理、在庫管理での荷姿・不定貫への対応、さらに品質管理での検査指図/実績管理、きめ細かい原価管理など、プロセス製造業の企業が抱える特有の要件に標準機能で対応します。
YOKOGAWAが提供するMicrosoft Dynamics 365 Finance and Operations の構成は次の通りです。 プロセス製造業向けソリューションもMicrosoft社から標準機能として提供されています。

 

Dynamics 365 製品概要図

 

製品概要図

 

特長

  • Microsoft Dynamics 365 Finance and Operations 業界特化ソリューション

    • プロセス製造業特有の機能を標準で提供
       
  • 日本の製造業向け商習慣対応

    • 原価管理(標準・実際原価)、販売管理(商習慣管理、赤黒訂正入力)等の日本の商習慣に対応
    • 短期導入・低コストを可能にする、YOKOGAWAのERP導入手法
    • 業種・業態別標準業務フローをベースにお客様の目指す導入後の業務フローをコンサルテーションして導入を実施
       
  • 優れたユーザビリティ

    • マイクロソフト製品との相互連携、使い慣れたユーザーインターフェース、標準分析ツール提供
       

機能

YOKOGAWA日本的商習慣対応機能は、日本のプロセス製造業に特有の実際原価計算、商流管理、赤黒訂正などの機能をサポートするソリューションです。
「商習慣対応機能」と「原価管理機能」で構成されます。


①:Microsoft Dynamics 365 Finance and Operations 標準機能
②:プロセス製造業向けソリューション機能
③:YOKOGAWA日本的商習慣対応機能

 

生産計画

  • 需要予測入力
  • マスタープラン
  • 計画購買オーダー
  • 計画移動オーダー
  • 計画バッチオーダー

生産管理

  • 製造実績管理
  • 原材料払出入力
  • 原材料自動引落
  • 作業実績入力
  • 設備稼働実績入力
  • フォーミュラ管理(配合表管理)
  • 歩留管理
  • 製造オーダー
  • 副産物・連産品出来高入力

在庫管理

  • ロットトレーサビリティ
  • 在庫移動
  • 倉庫間移動
  • 在庫振替
  • 実地棚卸
  • 委託販売在庫
  • 陸揚原価(Landed Cost)

  • 荷姿管理
  • 不定貫(キャッチウェイト)
  • 在庫状態
  • ロット引当(FIFO・FEFO)
  • 有効期限管理
  • 出庫期限管理
  • バッチマージ
  • 原材料ロット属性の製造品への引継ぎ

  • 品目マスタ コピー機能
  • 生産仕訳帳
  • 品目振替
  • 月次残高管理

販売管理

  • 通常販売注文入力
  • 会社間取引(会社間受発注連携)
  • 梱包明細転記(出荷)
  • 請求書転記(売上計上)

  • リベート計算

  • 無償出荷注文入力
  • 販売チャネル・需要家別受注管理
  • 販売赤黒訂正
  • 販売遡及調整

購買管理

  • 購買発注書入力
  • 製品受領書(入荷確定)・請求書転記(仕入計上)
  • 購買契約管理
  • 仕入先コラボレーション
  • 経費購買

  • 購買赤黒訂正
  • 購買遡及調整
  • 仕入諸掛按分

品質管理

  • 品質検査指示作成
  • 品質管理基準(標準値、上限値、下限値)
  • 検査結果入力
  • 結果判定

  • 検査結果のロット属性連携

一般会計

  • 複数通貨管理
  • 総勘定元帳管理
  • 仕訳帳入力機能(一般仕訳帳、定期仕訳帳)
  • 分析コード階層管理
  • 配賦機能
  • 消費税管理
  • 銀行管理(口座管理)
  • 予算管理
  • 連結決算
  • 財務諸表(ユーザー設定帳票)
  • 資金操管理
  • セグメント会計に対応(勘定科目と財務分析コードの組合せによる分析)
  • 固定資産管理

プロジェクト会計

  • 契約管理
  • プロジェクト/WBS登録
  • リソースとスケジュール管理
  • プロジェクト階層管理
  • プロジェクト見積
  • 予算/実績管理
  • 請求と支払

経費管理

  • 経費精算
  • 仮払処理
  • 領収書添付

原価管理

  • 標準単価計算
  • 予算原価計算
  • 標準原価計算(原価差異仕訳作成処理を含む)
  • 実際原価計算
  • 部門費配賦・品目別配賦計算

売掛管理

  • 複数通貨管理
  • 自由書式の請求書処理
  • 前受処理
  • 入金処理(現金、振込、手形入金)
  • 電子入金(全銀協統一フォーマットでの連携)
  • 受取手形管理
  • 顧客残高管理

買掛管理

  • 複数通貨管理
  • 請求仕訳帳
  • 支払仕訳帳
  • 前払処理
  • 支払処理(現金、振込、手形入金)
  • 振込ファイル作成(全銀協統一フォーマット)
  • 支払手形管理
  • 仕入先残高管理

 

機能関連図

生産、生産計画、在庫、サプライチェーン、会計だけでなく、原価、品質も標準でサポートします。

 

機能関連図

 

意思決定の迅速化と経営管理の高度化を実現

Microsoft Dynamics 365 Finance and Operations は、大企業・中堅の製造業を中心に経営インフラとして、豊富な導入実績を誇る統合業務システムです。グローバルに激変し、複雑化する経営環境下でのビジネスの目標達成と課題解決に向けて業務の遂行を支援します。 

 

経営効果

  • 意思決定の迅速化を支援

    • 企業情報をリアルタイムに可視化するモニタリング機能/分析機能、プランニング機能を搭載
    • 顧客別・品目別から部門別まで、さまざまな視点での売上・損益の可視化
    • 情報のリアルタイム把握とドリルダウン機能による原始データ照会
    • グループ企業およびグローバル情報の迅速な集約と一元化
       
  • データ一元化による業務処理の迅速化と管理水準の向上

    • 決算処理のスピードアップ
    • コスト管理の簡便化と精度向上
    • 統合システムによる部門間での業務処理の迅速化と一貫性の保持
       
  • 内部統制プロセスの基盤となる Microsoft Dynamics 365 Finance and Operations

    • 統合された業務プロセスによる「ITインフラ」をはじめ「セキュリティ」、「与信管理や職務機能分離等の業務処理統制」といった内部統制への対応
       

業務効果

  • 部門間業務のリアルタイムでの情報共有・連携

    • 需要情報の生産への迅速な反映と意思決定の迅速化
    • 在庫情報の精度向上による在庫圧縮と生産予定・在庫情報の販売での活用
    • 生産スケジューラ連携によるリードタイム短縮、欠品防止、在庫削減
    • MES連携により製造実績からのリアルタイムでの原価計算と月次・期末損益管理の迅速化
    • 顧客別・品目別から部門まで、さまざまな視点で損益を可視化・共有化
       
  • レガシーシステムから最小の要員での移行

    • データ管理(Data Management)によりファイル出力された大量データを一括でインポート。Excelファイルからのインポートにも対応しています。
    • Visual Studioによる開発で、データベーステーブルや画面の作成、項目の追加などカスタマイズ作業を行うことができ、単純なデータ入出力の画面の作成であればプログラミングは不要。
       
  • グローバル展開

    • 一つのシステムでさまざまな国の法規制や税制に対応
    • 世界各国のパートナー企業と連携した現地サポートにより日本主導での展開が可能

導入事例

AGC株式会社は Microsoft Dynamics 365 で化学品カンパニーの国内関係会社の標準となる基幹システムを構築しました。老朽化したシステムを脱し、今後のデータ活用に向けた強力な基盤の構築は、いかにして成されたのでしょうか。
国内 Dynamics 365 パートナーの中で最大規模の導入実績を持ち、特に化学・食品製造業を中心としたプロセス製造業にフォーカスしてビジネス展開している横河ソリューションサービスがどのようにプロジェクトを進めたか、日本マイクロソフト社作成のAGC株式会社の導入事例資料を是非ご確認ください。
セントラル硝子では事業の海外展開にスピード感を持って対応するため、ERPを現地調達するのではなく、グローバル標準ERPを構築・導入するべきと考えました。チェコに新しく設立した子会社での稼働を目指し、グローバル標準ERPテンプレートを本社主導で構築、その後、工場稼働までの短期間で導入を行いました。
できる限り『素』のDynamics 365 を活用することでベンダーロックインを避け、クラウドERPのメリットを活かして日本でも作業・サポートができており、チェコでのDynamics 365はトラブルなく円滑に稼働しています。
Dynamics 365によるグローバル標準ERP構築と導入ベンダーである横河ソリューションサービスの選定理由、導入効果と今後の展望について導入事例を参照ください。

 

導入実績

Dynamics AX ・ Dynamics 365 Finance and Operations において57社、日本69サイト、海外11サイトの導入実績があります。
(社数はライセンスの販売先顧客数、サイトは実際の導入対象会社数になります。)

 

業種 導入実績数*
化学工業 23
食品製造業 10
その他プロセス製造業 7
組立加工 4
商社 9
その他 4

 

売上規模(億円/年) 導入実績数
501~ 8
100~500 25
100未満 9
非公開 15

   *導入実績数は2023年8月時点のものです。

受賞歴

マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー2023 「Dynamics 365 Supply Chain Award」受賞

横河ソリューションサービス株式会社は、2023年6月28日、マイクロソフトのクラウド製品市場拡大に貢献した企業を表彰する「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2023」において、「Dynamics 365 Supply Chain Award」を受賞しました。横河ソリューションサービスの受賞は11回目となります。

Award

横河ソリューションサービスではDynamics 365の拡販に向け、Dynamics 365と連携する化学・食品製造業向けテンプレートを販売・導入しており、多数の新規導入・PoCプロジェクトを受注しました。またDynamics AXからのマイグレーションと合わせて複数のお客様が本稼働を実現して基幹システムのクラウド移行・DX基盤整備に貢献しました。
認定取得にも計画的に取組み、ソリューションパートナー Business Application認定を獲得しています。

■ 日本マイクロソフト株式会社からのエンドースメント

日頃より日本マイクロソフトとのビジネスを推進いただき、心より御礼申し上げます。この度、横河ソリューションサービス株式会社様が挙げられた顕著な実績に感謝を込めて「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2023」Dynamics 365 Supply Chainを授与させていただく運びとなりました。今後も日本マイクロソフトは、横河ソリューションサービス株式会社様との強力な連携を通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。
執行役員 常務 パートナー事業本部長 浅野 智

※Microsoft、Dynamics 365は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※記載の会社名・商品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
 

2023

  • Business Application Dynamics 365 Supply Chain Award
2022
  • Business Applications Dynamics 365 Supply Chain Management & Intelligent Order Management (IOM)
2019
  • マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2019 Enterprise Resource Planning(ERP)アワード
2018
  • マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2018 Enterprise Resource Planning(ERP)アワード
2017
  • マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2017 Enterprise Resource Planning(ERP)アワード
  • 2016/2017 Microsoft Dynamics Services Partner of the Year Finalist Japan
2016
  • マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2016 Enterprise Resource Planning(ERP)アワード
  • 2016 Microsoft Dynamics Reseller of the Year Japan
2015
  • マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2015 Enterprise Resource Planning(ERP)アワード
  • 2015 Microsoft Dynamics Reseller of the Year Japan
2014
  • マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2014 Enterprise Resource Planning(ERP)アワード
2012
  • マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2012 Enterprise Resource Planning(ERP)アワード
2011
  • マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2011 Enterprise Resource Planning(ERP)アワード
2009
  • マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2009 Microsoft Business Solutions Award

 

マイクロソフト ジャパン 「Microsoft Top Partner Engineer Award」Business Applications部門受賞

横河ソリューションサービス株式会社の社員が、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)により今年新設され、パートナー企業の中で活躍するエンジニアを対象に表彰する「Microsoft Top Partner Engineer Award」の「Business Applications部門」を受賞しましたのでお知らせします。

top partner engineer award

今回の受賞に当たり、多数のお客様へのDynamics 365導入と立ち上げへの貢献、社内での認定資格取得活動およびマイクロソフトテクノロジーの普及活動への貢献が、高く評価され受賞しました。

■ 受賞内容と本人コメント

  • 受賞内容:Microsoft Top Partner Engineer Award <Business Applications>

   ERPビジネス本部 ソリューション1部 2Gr 小林 大輔

  • コメント:
    「個人としてこのような素晴らしい賞を受賞できたことを大変嬉しく思います。会社として15年以上の長きにわたりマイクロソフトのERPビジネスを推進し、研鑽する環境を提供し続けてくれたてきた組織、会社を評価して頂いたものと理解しております。引き続き組織力を高め、Dynamics ビジネスに貢献するべく日々邁進していきたいと思います。」

■ 日本マイクロソフト株式会社からのエンドーズメント

日頃より日本マイクロソフトと連携いただき、心より御礼申し上げます。このたび、小林 大輔 様のご活躍を称え、Microsoft Top Partner Engineer Awardを贈呈する運びとなりました。
幅広くビジネスに貢献され、マイクロソフトのテクノロジーの普及にご尽力いただいている方々を対象としたMicrosoft Top Partner Engineer Awardは、当社にとっても非常に重要な取り組みです。今回の授賞が 小林 大輔 様の豊富な知見と経験を裏付け、少しでもビジネスの後押しとなれば幸いです。
今後も、日本マイクロソフトは 横河ソリューションサービス株式会社様 ならびに 小林 大輔 様との連携を通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーションを実現してまいります。

業務執行役員 パートナー技術統括本部 統括本部長 伊藤信博

※Microsoft、Dynamics 365は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※記載の会社名・商品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
 

 

ドキュメント&ダウンロード

カタログ
  • (1.6 MB)

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください

お問い合わせ

トップ