スロット シャイニングライト


プラントのプロセス制御システムのPID調節計は、システム導入時にパラメータチューニングがなされます。その後、プロセスや運転、設備等に変更があった際に制御性を維持するには、再チューニングが必要です。
横河電機は、長年お客様と共に築いたプロセス制御の技術と経験、PIDパラメータチューニングをサポートするソフトウェアを駆使して、プラントの制御性を改善するサービスを提供します。

なぜPID ループの制御性改善が重要なのでしょうか?

プロセス制御システムに標準で用意されているPID調節計は、安全安定運転の要であり、システム導入時は通常入念にパラメータチューニングがなされます。その後、プロセスや運転方案等に変更があった際は、制御性を保つため速やかに再チューニングが必要です。
一方、変動を嫌うプロセスの場合は、PID 調節計は通常安定性を重視したパラメータセッティングになっていますが、制御性改善のため高度制御システムを追加で導入する際は、再チューニングが必要です。

PID ループの制御性改善の重要性

 

本サービスの利点は?

30 年以上に及ぶプロセスオートメーションサプライヤーとしての経験により、YOKOGAWAはPID ループの制御性改善に関して、幅広い業種で豊富な技術と知識を積み上げてきました。また、YOKOGAWA製プロセス制御システムCENTUM のPID アルゴリズムに対して最適なパラメータを算出するPID チューニングソフトもエンジニアリングツールとしてご用意しています。
これらに基づいた、高信頼・高品質なサービスを提供いたします。

PID ループの制御性改善の利点
チューニング画面

 

DMAIC

本サービスは、品質管理手法として著名なシックスシグマDMAIC のステップに基づいて提供されます。これにより、作業の抜けなく確実なサービスが提供でき、期間内で最大の成果を上げることが可能となります(*1)

Define
(定義)
  • 改善目標の優先順位を決定する
    • 設定値に対する追従性
    • 外乱に対する応答性
  • 改善の数値目標を設定する
    • 収束時間(X 秒)
    • 偏差(Y%)
Measure
(測定)
  • 対象としている制御系に関して必要な情報を収集する
    • 計装配管図
    • プロセス概要
    • 制御指針
    • PID パラメータ
    • タグレンジ
    • ループ構成
    • センサー
    • 分析計
    • 制御バルブ
    • 制御関連KPIs
    • ヒストリカルデータ
Analyze
(分析)
  • 現状の制御系のパフォーマンスを評価する
  • 問題点の原因を特定する
  • 適切な解決策を決める
    • PID パラメータの変更
    • 制御ループ構成の変更
    • フィールド機器の交換(*2)
Improve
(改善)
  • PIDチューニングソフトを使って、最適なPIDパラメータを算出し、プロセス制御システムに実装する
  • 必要に応じて、別途対策(*2)を実行する
Control
(管理)
  • 改善効果の確認
  • 最終報告書提出

*1 エンジニアリングツールとして、弊社製PID チューニングソフトを使用します。
*2 プロセス制御システムや現場のエンジニアリング(例.ループ構成の変更)を別途有償でご提案する場合があります。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください

お問い合わせ

トップ