スロット シャイニングライト

リスクアセスメント支援

お客様の具体的な装置やプロセスを対象にしたワークショップを実施し、お客様のリスク解析やリスク評価に関する課題解決を支援いたします。

どのようなリスク対策をしている?

次のような課題を抱えていませんか?

  • リスクアセスメントを導入するために、製造、計装、生産技、安全など関係者の理解を深めたい
  • 現状のインターロック設備のリスクについて対策が必要なレベルか、早急に解析、評価したい
  • HAZOP*1・HAZID*2・LOPA*3・FMEA*4 などのリスクアセスメントを実施したい
  • 既存のリスクアセスメントのスタディワークシートを改善したい
  • 既存のHAZOPスタディの内容に関して、アドバイスしてほしい
  • SIL(安全度)の認証が得られるような安全構築を行いたい
  • 非定常時(手順、バッチ反応)の作業、工程、運転についてリスクアセスメントを行いたい
  • 高圧ガス保安のスーパー認定事業所制度の要件「高度なリスクアセスメント」に対応したい
  • 安全システムの設計・構築を規格に準拠した形で自社に導入したい

人物アイコン

自分達のプラントがどのくらいリスクを抱えているか評価して、さらに対策をしていきたいお客様、対外的にもリスク対策を証明をしたいお客様、まずは、どのような安全課題からでも構いません。弊社にご相談ください。

 

*1 HAZOP(Hazard and Operability Studies)
潜在危険性をもれなく洗い出し、それらの影響・結果を評価し、必要な安全対策を講ずることを目的として開発されたプロセス危険性の特定手法

*2 HAZID(Hazard Identification Study)
プラントやシステムにおける安全性評価手法の一つであり、ハザードやリスク項目の洗い出しと、そのリスクの大きさの評価を行う手法

*3 LOPA(Layer of Protection Analysis)
重大ハザードのリスクを下げるために必要な安全機能を階層化して、定量的にリスク解析を行う手法

*4 FMEA(Failure Mode and Effects Analysis)
製品や各種システムを構成するパーツなどの主要な要素の故障モードを抽出し、その影響度を算出し、対策を施すことで、トラブルを未然に防ぐための解析手法

 

コンサルティング事例

お客様

  • HAZOPスタディを過去にもいろいろと実践してきたんだけど、うまく手法化されず、自分達ではうまく進められないので何とかしてほしい。
  • HAZOPスタディによるリスクアセスメントを自社内で手法定着していきたい。

 

コンサルティング事例

 

お客様の声

  • リスクアセスメントの本格導入に向けて、製造、計装、生産技、安全など関係者のチームビルディングにも有効だった
  • 第三者的視点を取り入れたことで、以前に実施したHAZOPスタディについて改善点を見つけることができた
  • 報告書によりリスクの抽出、低減を適切に行っていることが対外的にも証明でき、高圧ガス保安のスーパー認定事業所制度への申請に弾みがついた

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください

お問い合わせ

トップ