スロット シャイニングライト

操業の効率化とは

  • 運転員:負荷の軽減、安全/安心操業、高付加価値業務へ転換
  • 工場:品質の安定化、エネルギー生産性向上
  • 経営:収益アップ、脱炭素社会への貢献

等が挙げられます。

これらを実現するために、現場をより広く俯瞰することで真の課題を発掘し、その課題に対して「制御性改善」「安全性向上」の改善提案を行い、お客様の操業の効率化を実現します。

下記のような課題をお持ちのお客様は、ぜひ、お問い合わせください。

  • 操業の効率化を実現したいが糸口が見つからない
  • プロセスが急に不安定になったり、アラームが頻発する為、運転員が多忙
  • 品質がラボ分析となり、結果がでてくるまでに時間がかかる
  • 熟練運転員の操作ノウハウを若手運転員に伝承したい

操業の効率化を実現

  • 有効性比較分析サービス

    なぜ計測・制御・情報システムの有効性比較分析が重要なのでしょうか?

    導入済み計測・制御・情報システムの有効性を、過去、自社内同一システム間、あるいは同一業界内で定期的に比較分析(ベンチマーク)することによって、有効性が維持できているかどうか、改善すべき点が無いかどうかを定量的に確認できます。YOKOGAWAの有効性比較分析サービスは、お客様が導入された計測・制御・情報システムの有効性Indexを、以下の4つのエリアごとに収集・計算し、ベンチマークレポートとして提出する情報提供サービスです。

    • 安全(独立防護層2-4層の性能、アラーム、HMI、変更管理など)
    • 生産(測定精度、制御性、運転効率、生産精度)
    • 設備(機能、性能)
    • 保全(信頼性、可用性、保守性、整合性、機密性)
    さらに見る
  • PIDループの制御性改善サービス

    なぜPID ループの制御性改善が重要なのでしょうか?
    プロセス制御システムに標準で用意されているPID調節計は、安全安定運転の要であり、システム導入時は通常入念にパラメータチューニングがなされます。その後、プロセスや運転方案等に変更があった際は、制御性を保つため速やかに再チューニングが必要です。
    一方、変動を嫌うプロセスの場合は、PID 調節計は通常安定性を重視したパラメータセッティングになっていますが、制御性改善のため高度制御システムを追加で導入する際は、再チューニングが必要です。

    さらに見る
  •  Platform for Advanced Control and Estimation(高度制御ソリューション)

    高度制御ソリューションは、エネルギー消費を抑え製品収率を改善することで、運転利益を生み出します。また、経済効果だけでなく、アラームの減少、手動操作回数が減らせるといったメリットも得られます。 
    Advanced Regulatory Controlモジュール、多変数モデル予測制御、ソフトセンサーやAdvanced Monitoring & Diagnosisツールをコンサルティング・エンジニアリングサービスと併せて提供し、高度制御導入期間を劇的に短縮すると共に、ロバスト性に優れた制御性能を維持し保守を容易にします。

    さらに見る

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください

お問い合わせ

トップ